PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

【Fails】1日90分だけはゲームをやるPlanは失敗に終わった

ぼくは9月12日に『1日で90分だけはゲームをやる』というPlanを立てたことを報告しました。

1日の休憩時間を決めておく

あれから2週間が経過したので、実行結果を報告しようと思います。

まぁタイトルにもあるように、見事失敗に終わったのですが・・・

1日90分だけはゲームをやるPlanは失敗に終わった

実行結果

このPDCAは『忙しいのにゲームをダラダラとやってしまう』ことから、ゲームをダラダラやらないために『1日に90分だけはゲームをやる』と決めました。

前回の記事にて「まだほんの2日しか経っておりませんが、効果は絶大だと感じています。」なんて書いておりますが、全くもって効果はありませんでした。

いや、効果がなかったというよりか、Planを実行できなかったというのが正直なところです。

Planを実行できなかった理由は3つあります。

  1. 細々と時間を計測するのが面倒になった
  2. Planを実行していて楽しくなかった
  3. メリットを感じなくなっていた

これら3つが大きな理由です。

特に『細々と時間を計測するのが面倒になった』ことが1番大きな理由で、それに伴って楽しくなくなり、メリットを感じられなくなったという流れです。

Planは失敗に終わったのだが

結局『1日に90分だけはゲームをやる』というPlanは失敗に終わったのですが、『ゲームをダラダラやってしまう』という状況は変化しました。

と言うのも、他にやりたいことがたくさんあり、とてもゲームをダラダラとやっている時間がなくなったのです。

完全にゲームをやめられたわけではないのですが、他のことよりも優先してやることはなくなりました。

まとめ

今回のPDCAは見事失敗に終わりましたが、元々あった問題は解決されました。

結果として問題が解決されたわけなんですが、2週間前に何も考えず、ただただゲームをやっていたら、今の結果は出ていなかったことでしょう。

『1日に90分ゲームをやる』というPlanを実行したことで、このような結果になったのか定かではありませんが、少なからず改善しようと考えたことで、このような結果を導いてくれたのだと思います。

PDCAは毎回上手くPlanを立てられ、そして実行までやれるかどうかはわかりません。

でもとにかく考え、実行することの大切さを知ることができました。

あなたも何か問題が発生したら、PDCAを回すためのPlanを考えてみて下さい。

きっと考えるだけで、改善の方向に進めるはずです。

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です