PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

心が乱れた時にやっている『心を整える方法』

「何かモヤモヤするな」

「あれもこれもやらなくちゃいけないのに、どれも手につかないよ」

「あんなことがあったせいで、ずっと心が揺れ動いている」

こんな風に心が乱れた経験はありませんか?

ぼくは月曜日に、この状態となることが多いです。

なぜか?

それは週末に予定していたことがやれず、その遅れを月曜日に取り戻そう!となるからです。

以前はこのように心が乱れたら、乱れたままに行動していまい、かなりパフォーマンスの悪い1日を送ってしまうことが多かったです。

でも今回ご紹介する、ぼくなりの『心を整える方法』を見つけてからは、割と早く心を整えることができるようになり、いつものペースに戻れるようになりました。

心が乱れる時は、理由がわからない時と、理由がわかっている時の2パターンあります。

そのため『心を整える方法』も2パターンあります

もしあなたも心が乱れるようなことがあったら、是非参考にしてみて下さい。

心の乱れを整えるために

理由がわからずに心が乱れた時

理由がわからず、イライラ、モヤモヤする時、そんな時はタイマーを5分にセットして、とにかく頭の中にある言葉を紙に書き出します。

「これは違うかな?」

「これは関係ないかな?」

そんなことは何も気にせず、とにかく頭に浮かんだままに、言葉を紙に書き出します。

イライラ、モヤモヤしている時の多くは、自分がどうしていいかわからない時、やることが整理出来ていない時になります。

それが紙に書き出すことによって、自分が今何で悩んでいるのか?がわかり、それならどうすれば良いか?というアイデアが浮かんできます。

あまりに大きな悩みの場合には、紙に書き出しただけでは、何から始めれば良いのかわからないこともあるでしょう。

しかし大きな悩みも書き出したことで、視覚化され、どこから考えていけば良いのか?そのぐらいのヒントは浮かんだのではないかと思います。

「紙に書き出しても、どうしたら良いのか全然わからないよ!心が整わないよ!」

マッキーくん

と言う人は、「なぜ?」と自分に問いかけてみましょう。

  • なぜ、この問題で悩んでいるのか?
  • なぜ、どこから始めるかがわからないのか?
  • なぜ、これをやるべきだと考えているのか?

その答えに対して、自分の気持ちがスッキリするまで、「なぜ?」を繰り返してみて下さい。

きっと答えが出てくるはずです。

この「なぜ?」を5回繰り返す方法は、自動車会社の『TOYOTA』が生み出したメソッドと言われ、様々なビジネス書で説明されているので、気になった方は本を読んでみて下さい。

お勧めの本が見つかったら、追記しておきますね。

それと最初にタイマーを5分にセットしたのは、ダラダラと書かないようにするためです。

【5分】と決めることで、書き出す内容に対して悩んでいる暇がなく、とにかく書いてしまおうという意識になります。

この方法は、『0秒思考』だったり、『モーニングページ』と呼ばれるものに近いですね。

この2つを試してみて、結果的に今回紹介したやり方に行き着いたという感じです。

理由がわかっていて心が乱れた時

理由がわからずにただ心が乱れていた時は、紙に書き出すことで整えることができました。

しかし理由または原因がわかっている場合は、紙に書き出しただけでは心は整いません

そんな時はどうするか?

『紙に書き出す』という行動自体は変わらないのですが、今回はその辺にある紙ではなく、しっかりとしたノートに書きます。

ぼくはこのノートを『感情ノート』と呼んでいるのですが、理由がわかっていて、それでも心が乱れて仕方がない時には、このノートを開きます。

『感情ノート』には、まず日付を書いた後、その理由または原因が発生した内容(事実)を、客観的かつ、できる限り正確に書き出します。

  • 自分のこの行動で、あの人がこういった発言をした
  • こういった事があり、それに対して意見を言ったら受け入れられなかった
  • 良かれと思ってやったことが、相手の反感を買ってしまった
ちょっと例文としてあげるのが難しいのですが、だいたいこんな感じのことがあるかと思います。

この理由または原因が発生した内容(事実)を書き出したら、その右側に、自分なりの解釈を書きます。

「これに対して、自分はこう思った。」

「ここはこうだと考えていた。」

このように自分なりの解釈を書いてみると、その時にはわからなかった、違う考え方に気づくことができます。

それに自分なりの解釈を書き出すことで、その事実に対して第三者的視点で見ることもできます。

そして最後に、その解釈に対して、「ではどうすれば良かったのか?」という、今後につながる行動を書きます。

ここは絶対に書き出す必要があるわけではなく、思い浮かんだら書き出す程度です。

しかし理由、または原因がわかっていて心が乱れた時は、往々にして嫌なことであり、再現したくないことがほとんどです。

そのため、同じことを繰り返さないための行動を書いておくことが、後々自分のためになります。

この『感情ノート』は滅多に開きませんが、1ヶ月に1度ぐらいは開き、同じことが起きないよう気をつけるようにしています。

まとめ

今回はぼくが実践している『心の整え方』をご紹介しました。

ぼくが実践していると言っても、ぼくが考えた方法ではなく、色んな本を読んで実行し、自分に合った方法をご紹介しただけなんですけどね。

あなたも心が乱れてるな〜と感じた時は、今回の方法を試してみて下さい。

自分には合わないと思ったら、他にもたくさんの方法があると思いますので、是非自分に合う方法を探してみて下さい。

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です