PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

『読書習慣PDCA』読書習慣を身に付けるために実行しているPDCAをご紹介!

今回はぼくが読書習慣を身に付けるため、実際に回したPDCAをご紹介します。

マキオはPDCAをどうやって回しているのか?

マキオはPDCAをどのように応用しているのか?

あくまでぼくのやり方ですが、『PDCAをこうやって使っている人がいる』というのをわかっていただき、あなたがPDCAを回し始める時の参考になれば幸いです。

PDCAを使って読書習慣を身に付ける

最初のPDCA

まず最初にPDCAを回すための、目標を明確にしました。

最初に考えていた目標が『每日少しでも読書する習慣を身に付けたい!』だったので、これを明確化して『每日30分の読書をする』としました。

そしてその時の自分は、『以前には読書する習慣があったけど、現在では全く読書できていない』という現状を分析し、現状から目標までのギャップを把握しました。

ほとんど読書できていない現状から、「每日30分の読書を習慣化させるためにはどうしたら良いのか?」を考え、まず最初に出した答えが『とにかく読書してみる』でした。

これは無計画にPDCAを回し始めたように見えますが、「なぜ現状で全く読書できていないのか?」という原因が上手くつかめていなかったため、現状把握の続きとして、まずは始めました

1番目のPDCA
  • Plan → とにかく30分の読書に挑戦する
  • Do → 「30分」というまとまった時間を見つけては読書
  • Check → 「30分」という、まとまった時間がなかなか確保できず、読書できない日があった
  • Action → 細切れの時間を使ってみる

1番目のPDCAで、まず「30分の時間を確保して読書することは無理だ」ということがわかりました。

そして「細切れの時間を使う」という改善案が出たので、次のPDCAはこうなりました。

2番目のPDCA

「30分」という時間を確保することが難しいなら、とにかく空いた時間を読書に使おう!という考えが浮かびました。

そこで「細切れの時間を使う」をもう少し明確化して、「5分でも時間があれば読む」としました。

2番目のPDCA
  • Plan → 5分でも時間があれば読書する
  • Do → とにかく5分でも時間があれば読書した
  • Check → 5分でも読書することで、以前よりは読書できるようになったが、読書時間の計測が面倒に感じる。そしてまだ合計しても30分に満たない日がある
  • Action → 読む本に着目する

『5分でも時間があれば読書する』というPlanを立てたことで、以前よりは読書できるようになりました

しかしそれでもまだ『每日30分』という習慣には至りません。

そこで今度は時間ではなく、読む本に着目することにしました。

これまでは、実用書、ビジネス書といった勉強になるであろう本だけを読んできました。

どんな時でも頭を使う読書だけをやってきたので、次はマンガであっても良しとしました。

3番目のPDCA

読書に対してモチベーションの高い時は、頭を使う難しい本であっても読めるのですが、少々体調の悪い時、気分が落ち込んでいる時などは、とても読む気になれません。

そこでそういった気分の落ちている時には、「どんな本であっても良し」とすることに決めました。

3番目のPDCA
  • Plan → マンガであっても読書時間として計測する
  • Do → 気分に応じて読む本を選び、時にはマンガを読んだりした
  • Check → 気分が落ちている時には、ぼくの大好きなキャンプ関係のマンガ(岳、ゆるキャン△、山と食欲と私)を読んだり、金融関係の勉強になるマンガ(インベスターZ)を読んだりもしました。 その結果、午前の割とモチベーションが高く、集中力のある時には今まで通りにビジネス書を読み、午後にはマンガを読んだりと、その時に応じた本を選ぶことで、「30分」という読書時間のハードルが非常に低くなった。
  • Action → 読む時間を決めてみる

今回「どんな本であっても良し」としたことで、「30分」という読書時間のハードルが非常に低くなったことがわかりました。

そして自然と「每日30分の読書」ができるようになってきました。

さらにしっかりと習慣化させるため、「30分」という時間だけは決めて読書してみようと思いました。

4番目のPDCA

マンガであっても読書時間として計測OKとしたため、「30分読書」に対するハードルは下がり、自然と読書できるようになってきました。

しかしまだ完全には習慣化されていないと感じたため、「30分」という時間だけは每日決めて読書してみることにしました。

時間に余裕のある時は、1時間でも2時間でも読書すれば良いのですが、仕事などで忙しい時は、ハードルが低くなった「30分」でも、大変に感じる時があるのです。

そこで忙しくても暇でも、「30分」という時間だけは、固定した時間帯に読書してみることにしました。

具体的には、『目覚めてすぐに5分、午前に15分、午後に10分』と決めました。

4番目のPDCA
  • Plan → 決めた時間帯に読書する
  • Do → 実行中
  • Check → 未実行
  • Action → 未実行

今はこの『決めた時間帯に読書する』というPlanを実行している途中です。

まとめ

Planまとめ
  • 1番目のPlan → とにかく30分の読書に挑戦する
  • 2番目のPlan → 5分でも時間があれば読書する
  • 3番目のPlan → マンガであっても読書時間として計測する
  • 4番目のPlan → 決めた時間帯に読書する
このようにPlanを変えつつPDCAを回した結果、今日で『30分読書連続46日目』となりました。

行動の習慣化には66日は必要だと言われたりもしておりますが、ぼくの中では90日間続けることが出来たら、「習慣化できた」としようと思っています。

それまで後44日間ありますので、これからもPDCAを回しつつ、自分に最適な読書方法を見つけていきます。

「なかなか読書の習慣が身につかないんだよな!」

野田くん

という方がいらっしゃいましたら、是非今回のPDCAを参考にしてみて下さい。

これはあくまでぼくにとって良い方法でしたので、これを参考に、あなたなりの良い習慣化方法を見つけて下さい

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です