PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

夢を一度手放してみる

あなたの夢はなんですか?

その夢を叶えたいと、心から強く願いますか?

ぼくは今一度考えてみたんです。

ぼくの夢は、本当に叶えたい夢なのかを。

夢を一度手放してみる

夢を手放す

ぼくが死ぬまでに叶えたい夢は、『バーベキューを使って日本を平和にする』ことです。

そのために自分のバーベキュー場をオープンさせたり、バーベキュープランナーとしてたくさんの人のバーベキューをサポートしたいと考えています。

でも本当に自分はバーベキューに関係した仕事をしたいのか?

バーベキュー以外の仕事はないのか?

2年ちょっと前からバーベキューを天職としてやっていこうと、色んな勉強や経験をしてきたけど、それらを一度無かったものとして考えたらどうだろうか?

そう、一度夢を手放してみました。

何もないところから考えて

今までに勉強したこと、経験したことを無かったことにする。

たくさん買い集めてきたバーベキューの道具も、一切無かったことにする。

それでも自分はバーベキューに関係した仕事をやりたいだろうか?

本気で考えてみた。

その結果、「ぼくはやっぱりバーベキューに関係する仕事がしたい!」と強く思えました。

バーベキュー以外の仕事をやるのも、ありかもしれない。

そう思うところはあったが、最終的にはやはりバーベキューを使って、みんなを幸せにしたい。

みんなを笑顔にしたい。

みんなが仲良くお肉を食べる姿を見たい!

そう思えました。

やっぱりぼくにはバーベキューがなくてはダメなのです。

まとめ

「ここまでやったんだから」

「今までの苦労が水の泡になっちゃうから」

こういった考えから、やめるにやめれなくなってしまったことってありませんか?

もう回収見込みがないもののことを、『サンクコスト』と言います。

別名で『埋没費用』です。

多くの人がこの『サンクコスト』を気にして、本来の目的や目標を見失うことがあります。

ぼくもこの『サンクコスト』にしがみついて、バーベキューの仕事を追い求めているのではないか?と思ったのです。

だから一度、全て無かったことにして考えてみました。

そこで自分の本当の気持ちに気づくことができました。

もしあなたも自分の夢や目標に迷う気持ちが生まれたら、一度全てを手放して考えてみると良いかもしれませんよ。

お試し下さい。

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です