PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

目標が明確になっていないと気持ちがブレる

先日こんな記事を見つけた。

参考 BBQのプロの焼き手として国内外を飛び回る、「焼師」という仕事とは?|mymo マイモ mymo マイモ

「焼師」と呼ばれる仕事をする人がいるらしい。

わかりやすく言えば、出張バーベキューだろう。

ぼくはこの記事を読んで、「凄いな〜。こんな仕事楽しいだろうな〜」って思った。

そして少し卑屈になったが、すぐに自分を取り戻せた。

それは自分の目標が明確になっているからだと気がついた。

目標が明確になっていないと気持ちがブレる

卑屈になった

ぼくは先ほどの記事を読んで、「羨ましいな〜」とも思った。

自分がもう少し若かったら。

自分がまだ独身だったら。

この「焼師」という人と同じようなことに、挑戦してみたかったな、なんて思った。

そしてそれができない自分の状況を見て、少し卑屈になったのだ。

でも違う

でも少し冷静に考えると、自分がやりたいことは出張バーベキューのような「焼師」という仕事ではない。

ぼくは日本全国のみんなが、各自でバーベキューを楽しんでくれるようになることを望んでいる。

そのためにまずブログでバーベキューの魅力を伝えているのだ。

ぼくのやるバーベキューで、みんなを楽しませたいということが最終目標ではない。

そう考えたことで、すぐにいつもの自分に戻ることができた。

自分の目標が明確になっているから、「羨ましい」という気持ちはここで終わり。

後を引くことはない。

まとめ

目標が明確になるまでのぼくは、活躍している人を見てはすぐに「羨ましい」という感情が芽生え、そして活躍できていない自分を否定し、自己嫌悪になっていました。

でも目標が明確になってからのぼくは違います。

「羨ましい」と思うことは今でも多々ありますが、それでも長く卑屈になったり、自己嫌悪になることはなくなりました。

目標を明確にすることが、明るく楽しく生きることにもつながっています。

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です