PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

自分が『理想とするタスク管理』とはどんなものなのか?

ぼくは昨日、なぜ『タスク管理』に悩むのか考えていた。

なぜタスク管理の方法に悩むのか?

今までに色んな『タスク管理』のやり方を試してきたのだが、どれもシックリこないのだ。

そこでまず、自分が『理想とするタスク管理』とはどんなものなのか?を考えた。

するとぼくはタスクを管理する上で、『Must』と『Want』をまず最初に分けなくてはいけないことに気がついたのだ。

自分が『理想とするタスク管理』とはどんなものなのか?

『Must』と『Want』をわかっていなかったことがわかった

『Must』とは、「〜しなければならない」という意味。

『Want』 とは正確には『Want to』のことで、「欲しい」とか、「したい」という意味。

ぼくが管理したいと考えていたタスクたちは、『Must』と『Want』が混在していたのだが、恥ずかしいことにぼくはそれに気がついていなかった。

『Must』に関しては実行する期日、期限がほとんど決まっているため、Googleカレンダーにも登録してあり、「やらなくてはいけない」ということがわかっていた。

しかし『Want』も自分が夢を叶えるためには「やらなくてはいけない」と考えていたために、『Must』と『Want』がよくわからなくなっていたのだ。

2019 09 18 16 50 06

今日明らかに『Must』なタスク以外を、ほぼ全部紙に書き出してみた。(中身は恥ずかしいので、ピントをずらして撮影しました)

すると期日を決められずにいたタスクは、ほとんどが『Must』ではなく『Want』だったのだ。

自分としては『Must』だと思いこんでいただけだったのだ。

この『Must』と『Want』の違いがわかったところで、改めて『理想のタスク管理』について考えてみた。

『理想のタスク管理』とは?

  • 『Must』と『Want』がハッキリ分かれている
  • 思いついた時にすぐ入力できる
  • いつでもどこでも確認できる
  • 実行のタイミングで分かれている
『理想のタスク管理』を考えた時に、これら4つが浮かんだ。

そしてまた気がついた。

これら4つを満たしてくれるのは、ぼくが今使っている『Todoist』『Googleカレンダー』『たすくま』この3つのツールがあれば十分なのだ。

さらに運用方法も今まで通りで良い。

つまりぼくが『タスク管理』で悩んでいた理由は、『Must』と『Want』の違いをわかっていなかったからなのだ。

まとめ

散々『タスク管理』の方法、ツールで悩んできたが、悪いのはツールでも運用方法でもなかった。

ぼくがタスクを『Must』と『Want』にしっかり分けられていなかっただけだったのだ。

とは言え、

  • 『Must』と『Want』をどうやって分けるのか?
  • 『Want』をどのように管理し、いつ実行するのか?

この2つの問題点が残った。

次はこの2つについて考え、解決していこうと思う。

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です