PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

【マキオ式PDCA日報】1日の振り返り方

今回は【マキオ式PDCA日報】を使った、1日の振り返り方についてお伝えします。

【マキオ式PDCA日報】をご紹介した時にも軽く説明はしているのですが、今回はもうちょっと深堀りして、より具体的にどうやって1日の振り返りを行うのか?をお伝えしますね。

每日每日PDCA日報を書くのは、この振り返りをやるためと言っても過言ではありません。

この振り返りをやるからこそ、每日確実に成長できて、さらにそれを実感できるのです。

是非あなたもこれを良いキッカケに、1日を振り返る習慣を付けてみて下さい。

↓【マキオ式PDCA日報】についてはこちらの記事をみて下さい。
【マキオ式PDCA日報】を初公開!是非使ってみてね!

1日を振り返るポイント

【マキオ式PDCA日報】では、1日のGoal(目標)を達成させるために、Plan(計画・予定)を書き、Do(実行)した記録を付けます。

その後に実行記録を元にした、1日の振り返り【Check(検証)を行い、最後にAction(改善)・Adjust(調整)を書く】を行います。

まずその最初のCheck(検証)から、説明していきますね。

「Good」を書き出す

Check(検証)した内容を記入する欄は、上下2つに分かれていて、その上部には「Good」について記入します。

「Good」とはその名の通りなのですが、1日を思い返し、良かったことを書き出します。

  • 〇〇を実行できた
  • △△に挑戦できた
  • 会いたいと思っていた人に会えた

良かったと思えることは人それぞれですので、自分が良かったと思えることを書き出して下さい。

例えば「ブログを更新できた」という実行記録に対して、この内容がただ仕事でやっている人にとっては、「Good」なこととはなりませんよね。

でも未来の自分のために「ブログを更新できた」という人にとっては、この内容は「Good」となるわけです。

ただの行動記録をCheck欄には書かず、本当に自分が「Good」と思える内容を書くようにして下さい。

「Bad」を書き出す

Check(検証)した内容を記入する欄の、下部には「Bad」について記入します。

「Bad」もその名の通りで、良くなかったことです。

  • 予定していた〇〇をやれなかった
  • つまらないことでイライラしてしまった
  • 体調を崩してしまった

悪いと感じることも人それぞれです。

しかし「Bad」の方が「Good」よりもわかりやすくて、『自分の意図に反して』行動したこと、または行動しなかったことに対して「Bad」と感じるようです。

つまり『自分の意図に反した』ことをやらなかったかな?と確認してみると、書き出しやすいですよ。

「なぜ?」を投げかける

ここからは「Good」と「Bad」に共通して、実行する内容です。

良かったことに対して、「なぜ?」実行できたのか。

悪かったことに対して、「なぜ?」実行してしまったのか、または実行できなかったのか。

これらを自分に問いかけ、原因を追求して下さい。

「〇〇を実行できた」のは、なぜ実行できたのか?

この答えが「やる気がみなぎっていたから」と出た場合には、さらに「なぜ?」と問いかけてみましょう。

「なぜやる気がみなぎっていたのか?」と問いかけたら、「落ち着いた環境で仕事できたから」とか、「睡眠時間が十分で、身体スッキリしていたから」といった答えが出てくるかもしれません。

そこからさらに「なぜ?」を問いかけて、とことん原因を追求することが大切です。

ただ每日やることなので、ある程度自分が納得できる原因が出てきたところで、追求を止めておくのが良いと思います。

次回どうする?

最後はCheck(検証)の後の、Action(改善)・Adjust(調整)です。

「なぜ?」を投げかけたことで、「Good」と「Bad」の原因がわかったと思います。

次はその原因に対して「次にどうするか?」を考えるのです。

「〇〇を実行できたのが、落ち着いた環境で仕事できたから」だとしたら、次回も落ち着いた環境で仕事するには、どうすれば良いか?を考え、書き出します。

「予定していた〇〇を実行できなかったのは、自由に使える時間がなかったから」だとしたら、次に同じようなことを予定した時に、どうやったら自由に使える時間を確保できるか?を考えるのです。

1日の振り返りは、この「次回どうする?」を決めるためにやっているので、面倒がらずにしっかりと考え、次につながる具体的行動を書き出すようにしましょう。

まとめ

STEP.1
「Good」を書き出す
良かったことを思い出して書く
STEP.2
「Bad」を書き出す
悪かったことを思い出して書く
STEP.3
「なぜ?」を投げかける
「Good」「Bad」それぞれの内容に「なぜ?」を投げかける
STEP.4
次回どうする?
「なぜ?」に対して出た答えを継続・調整または改善する内容を書き出す

1日の振り返り方をまとめると、上記のような流れになります。

今日実行できたことを、また明日も同じように実行できるのかはわかりません。

今日失敗したことを、また明日も繰り返してしまうかもしれません。

今日の出来事はもう過去です。

過去を振り返って、反省する必要はありません。

それよりも1日を振り返って、明日につながる具体的行動を考えましょう。

この振り返りを継続することで、成功したことを再現できる可能性があり、失敗したことの再発を防げる可能性も出てきます

もう少しライトに考えた時には、

  • 私はお風呂の中でアイデアが出やすい
  • ブログに取り掛かる前に、5分の読書をすると集中できる
などといったこともわかるようになってきますよ。

上記の2つは、ぼくの実例ですけどね。

是非あなたも明日につなげるため、『1日の振り返り』をやる習慣をつけて下さい

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です