PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

目標と柔軟に付き合う方法

「今日は◯◯について頑張ろう!」と考えて始めたけど、たまに上手くいかないことってないですか?

そんな時にどうするか?

それは、違うことを始めるんです。

「今日は◯◯をやるって決めたから!」と、目標に対して固執しません。

自分の気持ちに素直になり、そして受け入れます。

でもただ受け入れるだけではダメです。

今回はそんな『目標と柔軟に付き合う方法』をお伝えします。

目標と柔軟に付き合うにはどうしたら良いの?

自分の気持ちを受け入れる

「今日は英語の勉強を1時間やろう!」って決めていたのに、いざ机の前に座ったら「な〜んか英語の勉強はやりたくないな〜」って気分になることありますよね?

以前のぼくだったら、「英語をやるって決めたんだから、何が何でも今日は英語をやるんだ!」と意固地になって、英語の勉強を始めてみたものの、結局やる気が出なくて時間だけがダラダラと過ぎていました。

こんな時にどうすれば良かったのか?

それは自分の気持ちを素直に受け入れ、「英語がやりたいくないなら、数学をやろう!」と目標を変更することです。

何かをやろうとした時に、「やりたくない」という気持ちが出てきたら、それは無理してやらない方が良いです。

何度も経験してみるとわかるのですが、最初にやろうとしたことを「やりたくない」って気持ちが出た時は、それはそれなりに理由があるのです。

表面的な自分は「今日は英語を勉強した方が良い」と考えていても、心の奥では「今日は数学をやった方が良い」と判断していたりします。

自分の気持ちを素直に受け取れるようになると、今やるべきことは自分の心が教えてくれるのです。

実行結果を必ずチェックする

「今日は英語を勉強しようと考えていたけど、やりたくないと感じたので、数学の勉強をした。」

これは自分の気持ちを素直に受け入れた結果なので、問題はありません。

しかし最初に予定していた目標を変更した場合、それをそのままにしてはいけません。

なぜなら最初に目標を立てたのには、それなりに理由があったからです。

ではどうすれば良いか?

それは1日の終わりに、「今日の結果がどうだったのか?」をしっかりチェックすることです。

「英語をやろうとしていて、数学をやった。」という目標に対して柔軟に対応した結果、数学をやって良かったのか?やっぱり英語を勉強しておくべきだったのか?をチェックするのです。

自分の気持ちを素直に受け入れることは大切ですが、その結果が必ずしも良い方向へ行くかはわかりません。

今日英語を勉強しなかったことで、明日の授業で困ることが出てくるかもしれません。

そんな結果にもしっかり対応するため、実行結果をチェックして「明日は何をするのか?」を考える必要があるのです。

まとめ

自分の気持ちを、素直に受け入れることはとても大切です。

気持ちを素直に受け入れ、目標を柔軟に変化させることも大切だと思います。

しかし気をつけて欲しいのは、気持ちを受け入れることは大切だけど、気持ちに流されてはいけません。

英語を勉強しようとしていたのに、なぜ数学の勉強をしたいと自分の心が言ったのか?

それがただ苦手なことから逃げ出したいだけなのか?

自分の心が本当に大切なことを教えてくれているのか?

この判断を正確にするためには、自分の気持ちとやり取りする練習をするのが良いですよ。

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です