PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

病気になって気がついたこと

今日は2020年の目標を発表する予定でした。

しかし大晦日の晩から体調を崩し、人生初となる血便が出て、目標の発表は後日とすることにしました。

今回はぼくが病気になって、気がついたことをご紹介します。

病気になって気がついたこと

家族の愛

まず1番は家族の愛です。

親身になって心配してくれる妻。

そしてもの凄く心配そうな顔をして、何度も「パパ大丈夫?」と聞いてくれた息子。

今回改めて、家族の大きな愛に気がつきました。

それと同時に、「自分がこんなことではダメだ!家族のためにも体調をしっかり管理しなくては!」と強く思いました。

家族を守るためには、健康でいなければならないのです。

家族の愛に気がついたことで、健康の大切さにも気がつきました。

自己管理能力の低さ

ぼくは割とマメにスケジュール管理をし、PDCA日報という日報を書いて、自己管理をしっかりやれていると思っていました。

しかし今回病気になった理由は、自己管理がしっかり出来ていなかったからです。

お酒を飲む量、睡眠時間、身体の疲労度、これらをしっかり管理できていれば、きっと今回の病気は防げたはずです。

「自分のことは自分が1番よくわかっている」そう思っていましたが、結果として全然わかっていなかったことが明白となりました。

もっと自分を律していくことを決めました!

自分がやるべきこと

家族の愛、そして自己管理能力の低さに気付いたことで、自分のやるべきことにも気がつきました。

  • もっと家族との時間を最優先させること
  • 健康な身体作りをすること
  • 自分を律する力をつけること
  • お金を稼ぐこと
  • BBQに関係のないことをやらないこと

以上の5つです。

まとめ

自分がやるべきことに気が付けたので、それをこれから具体的な計画に落とし込んでいきます。

もう少し体調が復活したら、めちゃくちゃ自分に厳しく行動していきます!!

今回の病気は、ぼくに2020年からの『生き方』を教えてくれたのかもしれません。

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です