PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

人生を後悔しない方法はたった一つ

オーストラリアのターミナルケア(苦痛緩和ケア)施設で長年働いたブロニー・ウェアという看護師が、死を目前に控える人達にこんな質問をしました。

「何か人生でやり残したこと、思い残すことはありますか?」

その答えをまとめた本『死ぬ瞬間の5つの後悔』には、こう書かれています。

死ぬ瞬間の五つの後悔
  1. 他人の期待に沿うための人生ではなく、自分がやりたいことをやっておけばよかった
  2. 仕事ばかりしなければよかった
  3. 自分の本心を伝えておけばよかった
  4. 友だちと連絡を絶やさないでおけばよかった
  5. 自分を幸せにしてやればよかった

その多くの答えは、他人軸で生きたことを後悔しているようです。

「もっと自分や家族を大切にすれば良かった」って。

じゃあ自分を大切にする1番の方法を知っていますか?

それは『全力を出す』ことです。

『全力を出す』その方法とは?

『全力を出す』とは、なかなかやれることではありません。

なぜなら、人間はすぐに楽をしたがるように作られているから。

ではどうしたら良いか?

1番の方法は、「今の自分は全力を出しているか?」と何度も何度も自分に問うことです。

仕事をやっている時、子供と遊んでいる時、本を読んでいる時など、ふと集中が切れた時に問うのです。

特に質問をするべき時は、「なんだか面倒だな」って気持ちが出た時です。

全力でやっているのにも関わらず、それでも「面倒だ」と思うなら、それはよっぽど面倒なことであり、仕方のないことです。

「面倒だ」と思うことが悪いことではありません!

多くの人は気が抜けてきた時に「面倒だ」と思うものですから、戒めるという意味もあって、自分に問いて欲しいのです。

吉田松陰先生もこう言ってらっしゃいます。

2019 07 23 21 50 45
『覚悟の磨き方』超訳 吉田松陰 編訳 池田貴将 サンクチュアリ出版発行 p70より引用

他人のことをやっていたとしても、それを自分が全力でやれていたとすれば、それは後悔することではありません。

仕事ばかりしていて後悔したと言っている人は、きっとやりたくもない仕事をやってきたのでしょう。

自分が心からワクワクし楽しい仕事をしていたとしたら、「仕事ばかりするんじゃなかった」なんて後悔の念は出ませんからね。

そして今ここで、過去の自分を振り返ってみて下さい。

全力で生きてきましたか?

過去を振り返った時に、「何となく働いていたな」とか、「何となくダラダラしてしまったな」ということがあったとしたら、それは自分の過去を検証し、改善点が見つかったってことです。

次はその改善点をどのように克服したら良いか?どうしたら全力を出せるか?を考えるのです。

考えが出たら、次はそれを実行に移します。

そして気付いた時に、「自分は全力でやれているか?」と確認します。

上手くいっていれば、そのやり方を継続しましょう。

上手くいかないのであれば、なぜ上手くいかないのか?を考え、その解決案を見つけましょう。

見つかったらまた実行です。

この繰り返しがPDCAそのものです。

まとめ

人生を後悔しないように生きるため、常に全力を出す。

全力を出すためには、PDCAを回す!

PDCAを回していけば、必ず後悔のない人生が送れます。

全力を出していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です