PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

撤退ラインは目標とは違った

ぼくは2019年11月の終わりに、自分の夢に対して撤退ラインを決めました。

その撤退ラインとは『2020年中に、黒字収支のBBQを10回やる』というものです。

この撤退ラインには未だ疑問もなく、必ず達成するべきラインだとの認識を持っています。

しかしぼくはこの撤退ラインを、2020年中と期限を決めたため、2020年の目標としても決めていました。

でも大晦日から体調不良になったことで、たくさん考える時間があり、その結果「撤退ラインと目標は違う」ということに気が付けました。

撤退ラインは目標とは違った

違和感を感じた理由

ぼくが撤退ラインを2020年の目標に決めて、感じていたことは「ドキドキしない」ということです。

絶対に達成させなくてはいけない!という緊張感はあるのですが、ドキドキ感は感じていませんでした。

それがなぜか?を考えた時に出た答えは、撤退ラインは達成させて当たり前だから。

撤退ラインとは、あくまで自分が夢を追い続けるための最低ラインであり、頑張って達成させるものではないことに気がついたのです。

つまり撤退ラインは撤退ラインであり、撤退ラインをクリアしたところで、その先に何も待ち受けていないのです。

では2020年の目標とは?

撤退ラインが目標とは違うことに気がついたので、ではぼくが追い求めるべき目標とは何か?を考えました。

人生の目標である『BBQを使って日本を平和にする』を達成させるために、今年1年でやるべきこと、それは『みんなを楽しませるBBQを開催する』ことです。

かなり抽象的な目標ですが、イメージとしては『肉フェス』というお肉のイベントの小さいバージョンです。

まとめ

体調が悪くなったことで、たくさん考える時間ができました。

そして撤退ラインと、目標は全然違うものだと気が付けました。

さらに自分がワクワクする、2020年の目標を決めることまで出来ました。

今回はまだ目標を抽象的なところまでしかお伝えしていませんので、次回この抽象的な目標を具体的な目標にして、目標達成のための計画までをお伝えできればと思っています。

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です