PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

ブログを1行でも更新する勇気

ブログの初心者や、なかなか更新の続かない人に対して、「1行でも良いから、まず更新する習慣をつけましょう」という話を聞いたことがある。

これに対して、ぼくはスゴく強い抵抗感を感じたことがあることを思い出した。

なぜならば、『1行でブログを更新する』ことは、とても勇気のいることだからだ。

ブログを1行でも更新する勇気

1行でブログを更新することに恐怖を感じる

『1行でブログを更新する』のに勇気が必要な理由は、「恐怖を感じる」からだ。

1行と言うと、10文字程度から、長くても30文字程度だろうか。

「30文字で、何を伝えられるか?何を発信できるか?」

「こんな1行だけのブログ記事を誰が読むのか?」

「読みに来てくれた人に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。」

こんなことを考えてしまうから、1行だけの記事でブログを更新することに恐怖を感じてしまうのだ。

それでもなぜ、ブログ初心者や、更新の続かない人に対しては「1行でも良いから、まず更新する習慣をつけましょう」と言われ続けているのか?

「1行でも良いから、まず更新する習慣をつけましょう」と言われ続けている理由

「1行でも良いから、まず更新する習慣をつけましょう」と言われ続けている理由は、更新を継続する習慣のない人のブログを読むに来る人が少ないからだ。

ちなみにぼくが2013年11月から運営しているブログ『ライフリフォーマー』は、964もの記事数があるが、今ではほとんど読まれていない。

これだけの記事数があったとしても、更新がされていないブログというのは読まれないのだ。

だから『ライフリフォーマー』というブログで、1行だけの記事を更新したとしても、ほとんど読まれることはないだろう。

RSSリーダーに登録してくれている人が、「お、久しぶりに更新したぞ」と読みに来てくれた時に、記事の内容が1行だけではさぞ驚くことだろう。

しかし、それで怒る人はいるだろうか?

むしろRSSリーダーに登録してくれるぐらいの人だから、「1行でも良いから、とにかく更新して欲しい」と思うに違いない。

つまり、更新を継続する習慣のない人は、読みに来てくれた人の心配をする前に、まず自分の心配をしよう。

自分が定期的にブログを更新できるようになってから、読者のためを考え、記事の内容を気にするようになれば良い。

まとめ

ブログの更新というのは、継続させることがなかなか大変だと感じています。

その大きな理由は、ブログを更新する時間が必要だから。

1つの記事を更新するまでに、慣れるまでは2時間とか3時間というのはあっという間に経ってしまう。

だからなかなかその時間が確保できず、更新ができなくなってしまうのだ。

更新が継続できるようになってくると、1つの記事を更新する時間も格段に短くなる。

時間が格段に短くなるものだから、気持ち的にも余裕ができて、次の記事への準備をやれる。

準備ができているから、また次の更新も短い時間でやれるようになる。

このサイクルが回り出したら、「読者に対してもっと有益な情報を発信しよう!」ということを、考えられるようになるのだ。

『ブログを1行で更新する』のには勇気が必要だが、それも最初だけだ。

更新を継続する習慣がつくまでは、頑張って勇気を振り絞ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です