PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

やりたいことはやるべきことをやってから!セクションごとに分割すればモチベーションも維持できる?!

ぼくは今朝こんなツイートをしました。

「やりたいことを楽しみに、やるべきことからやる」と言っているのですが、このやり方だとやるべきことがたくさんあった場合に、やりたいことが全くやれなくなってしまいます。

これでは每日の生活が楽しくなくなってしまうので、やるべきことをやりつつ、やりたいこともやる方法をご紹介します。

方法は『やるべきことをセクションごとに分割する』ことなんです。

やるべきことをセクションごとに分割する

セクションごとに分割することでやりたいこともやれる

やりたいことをやる前に、やるべきことをやるのですが、やるべきことがたくさんあった場合には、なかなかやりたいことがやれず、モチベーションが維持できません。

そこでぼくのオススメする方法は、やるべきことをセクションごとに分割しちゃうんです。

セクションとは、時間の区切りを意味しています。

下記の記事でもお伝えしましたが、ぼくは4つのセクションに分けています。
『スケジュール管理』で大切な3つのポイント

  • 【4時-7時半】目覚めてから仕事前までの時間
  • 【7時半-13時】仕事開始からお昼休み終了まで
  • 【13時-17時半】午後の仕事開始から仕事終了まで
  • 【17時半-22時】仕事終了から就寝まで

やるべきことをこの4つのセクションに分割することで、やるべきことをやりつつも、やりたいことがやれるのです。

ぼくのやっている例で説明しますね。

『30分読書』をセクションごとに分割

ぼくが每日やるべきこととしている中の一つに、『30分読書』があります。

これは每日30分以上の読書を習慣化させようと始めたことなんですが、とにかく1日の中で【30分の読書】をやれればクリアです。

つまり言い方を変えると、30分の読書は必ずやることなんです。

だから何かやりたいことがあっても、30分の読書が終わるまではやれません。

しかし!ぼくはこの『30分読書』を、3分割していています。

  • 【4時-7時半】のセクション中に5分
  • 【7時半-13時】のセクション中に15分
  • 【13時-17時半】のセクション中に10分

この3分割した時間を合計すると30分になり、1日に課しているノルマとしてはクリアとなるのです。

だから午前中に何かやりたいことがあった時は、【4時-7時半】で5分、【7時半-13時】の15分で、合計20分だけをクリアすれば、やりたいことをやってもOKとしているのです。

やるべきこととしては【30分の読書】なんだけど、午前中だけであれば、20分の読書だけを終わらせることで、後はやりたいことをやっても良しとしているのです。

『MAKIO Blogの更新』の場合

每日やるべきことの中には、『MAKIO Blogの更新』というのもあります。

こちらは時間ではなく、ブログの更新をできたらクリアです。

この場合の分割方法は、更新作業を分割します

ぼくは4つに分けていて、

  1. 構成を練る
  2. アイキャッチを用意する
  3. 下書きを書く
  4. 仕上げをして投稿する
この分割した作業を、セクションごとに振り分けています。

これは日によっても違うのですが、

  • 【7時半-13時】のセクション中に、構成とアイキャッチ
  • 【13時-17時半】のセクション中に、下書きと仕上げ
こんな感じで分けています。

こうすることによって、朝も、午前も、午後も、やるべきことをやりつつ、やりたいこともやれるのです。

まとめ

1日が『朝目覚めてから、夜眠りにつくまで』を1つとして考えてしまうと、なかなかやりたいことがやれません。

そこで1日をいくつかに分ける【セクション】という考え方を採用してみました。

ぼくはもう長いことこの考え方でやってきているのですが、慣れない方はまず自分なりに【セクション】を分けるところから始めてみて下さい。

やるべきことをしっかりやって、やりたいことも楽しくやっていきましょう!

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です