PDCAを軸に楽しく情報発信しています!

もっと臨機応変に行動するべきだった!

今日はとても10月とは思えないほどの暑さとなりました。

東京都心では30.3℃という真夏日になったそうです。

そんな今日は、息子が通う幼稚園で運動会が行われました。

ぼくはそこで、もっと『臨機応変』に行動するべきだったと、反省することがありました。

もっと臨機応変に行動するべきだった!

それは前日から始まった

ぼくにとって自分の子供の運動会を観るというのは、人生で初めての経験でした。

そのためどういった準備をしたら良いか?何をしておくべきなのか?全くわかりませんでした。

もちろん前日にインターネットで「幼稚園 運動会」といったキーワードで検索し、たくさんの記事を読みました。

しかしぼくが読んだ記事には、持ち物リストなどが書かれていましたが、『場所取り』に関する記事は見つけられませんでした。

妻がママ友から聞いた情報では、例年『場所取り』のために前日夜の11時頃から並ぶとのこと。

しかし今年から運動会の途中でお弁当を食べることがなくなり、その分早く終ることになったので、そこまで早くから『場所取り』のために並ぶ人はいないだろうということでした。

そこでぼくは息子が仲良くしてもらっているお友達のパパと二人で、朝5時45分に待ち合わせをして『場所取り』することに決めたのです。

早朝からの『場所取り』

当日早朝の『場所取り』は順調でした。

案の定深夜から並んでいる人はいなかったらしく、朝6時の時点で20人ほどが並んでいる程度でした。

そして狙っていた『息子がよく見えるであろう場所』は、難なく確保できました。

そこで安堵してしまったぼくは、後で反省することになるのです。

10月にしては暑過ぎる気温と日差し

ぼくは『息子がよく見えるであろう場所』を確保し、後から来る妻と子供達を待っていました。

そして妻達が来た8時半頃。

すでに太陽は高く上り、気温はどんどんと上昇していました。

そこで妻に言われた言葉が「娘にその場所は無理」。。。

ぼくは『息子がよく見えるであろう場所』が、これ以上ないほど良い場所だと思っていました。

しかしその場所は、『よく見える』が故に、日陰が全くない場所だったのです。

2ヶ月ちょっとの娘を、寝かせておける場所ではありませんでした。

その結果、『息子がよく見えるであろう場所』には荷物だけが置かれ、妻と娘は『息子は見えづらいけど日陰の涼しい場所』にいたのです。

『よく見える場所』がベストではない

ぼくは『息子がよく見えるであろう場所』が、ベストな場所だと思っていました。

まぁ通常であれば、その場所がベストだったと思います。

しかし我が家は2ヶ月の娘がいるため、『息子がよく見えるであろう場所』はベストではなかったのです。

我が家にとってベストな場所とは『息子は見えづらいけど日陰で涼しい場所』だったのです。

これが例年通りの10月だとしたら、ぼくの確保した場所はベストだったと思います。

しかし今日は真夏日となるほどに、暑い日だったのです。

暑くなることを加味し、臨機応変に『涼しい日陰』を確保するべきだったのです。

まとめ

初めての運動会ということで、少し舞い上がっていました。

娘を寝かせておけなかった『息子がよく見えるであろう場所』は、結局荷物だけが置かれ、誰も座ることはありませんでした。

そもそもぼくは息子の勇姿を写真に収めるため、座っている時間などありませんでした。

そして今日暑くなることは、天気予報で前もってわかっていたことです。

もっと自分(家族)の状況を考え、『場所取り』をするべきでした

今回も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。次回の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です